tuna2.jpg

 

YUJI Ramen was conceived in an effort to introduce new variations of Japanese ramen to the United States.

With a background as a seafood supplier and a familiarity with the New York restaurant industry, Yuji began exploring ramen as a means of showcasing seasonal ingredients and underutilized, local seafood. His mazemen — a brothless style of ramen that excels in integrating multiple flavors and textures — began attracting attention and encouraged Yuji to expand his project.

After a long stint as a pop-up restaurant in outdoor markets, bars, and grocery stores, YUJI Ramen now occupies a more permanent home at Okonomi. In March of 2017, YUJI Ramen will also take over a space at the Ramen Museum in Shinyokohama, Japan. 

“海外の人にもっとラーメンを身近に感じてもらいたい”という想いから、YUJI Ramenはスタートしました。

アメリカで魚の卸業として働く中で、現地での流通事情を知り、活かしきれていない魚や、ローカルの魚貝類を紹介していきたいと感じ、一つの利用方法としてラーメンを選びました。

2012年よりWhole Foods Market、 フリーマーケット、バーの一角等、ポップアップレストランという形で、まぜ麺をはじめとしたオリジナルラーメンを提供し始め、 地産地消・無添加にこだわり、日々ラーメンを追求しています。

現在、YUJI Ramenラーメンの本店は、NYブルックリンOkonomiで、月曜日から金曜日の夜のみ営業しています。 2017年3月より、日本第一号店を新横浜ラーメン博物館にオープンします。

 


Contact us // お問い

 
 

YUJI Ramen Japan is hiring click here to apply